大阪の交通事故に強い弁護士への相談は、保険会社から連絡が来た時にするのがいいでしょう

HOME>トピックス>事故にあった人が亡くなった場合先生にいつ相談すべきかを説明します

目次

交渉が上手く行くようになります

男性弁護士

万が一家族が交通事故にあい治療の甲斐なく無くなってしまった場合、保険会社から、通常四十九日が終わった頃に連絡がきます。この際にお金の話をされますが、保険会社は、遺族側が有利となる情報を教えてくれないことは少なくないとされます。たとえば損害賠償金の額を決めるときに、裁判基準と言うものがあることを伝えずに、自賠責基準で話を進めてくると言うことは珍しくありません。保険会社から示談の話しが来た時に大阪で活躍している弁護士に相談すれば、裁判基準で損害賠償金の額を考えて、遺族がもらえるお金が多くなるように保険会社と交渉をしてくれます。確かな法的知識を根拠として交渉するので、密度の濃い話が行えるようになり、お金の話が早期にまとまることが期待できます。

刑事事件に参加できます

交通事故を起こした結果、亡くなった人がいれば、自動車運転死傷行為処罰法や道路交通法などにより刑罰責任を負うことがあります。民事事件とことなり刑事事件は、国と加害者の話になり、被害者側の遺族は通常刑事事件に参加することはできないです。しかし被害者参加制度と言うのがあり、大阪にいる刑事事件を得意として弁護士に相談すれば、この制度を利用するにはどうしたらいいのかを教えてくれます。遺族が刑事裁判に参加することにより、数年後数十年後に、納得できない判決が出てことにより悩んでしまうことを防ぎやすくなります。

広告募集中